一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.07.29 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

幼稚園に入園を決めたときに引っ越しをした。

その時に、発達外来の病院を引っ越し先から車で通える大きな病院に変わった。

予約がなかなかとれず、診察までに1年近くも待った。

 

やっと行けた、発達外来。

ものすごくたくさんの資料を書いた。書いた。

ざっと、かいても3時間ほどかかるかと・・(^^;

 

生まれてからの発達過程。特性。睡眠のことあらゆる観点から。

たくさんの資料なので、病院に事前にとりにいかなくてはいけなかった。

郵送してほしかったな。。。

 

その資料の中にパッケージ入院というのがあった。

通常、5日間の入院で脳波、MRI、発達検査(行動分析、手先の使い方、ことば、視線など)

親の聞き取り〜などなど。

 

今まで、発作などもなかったので、脳波を調べたことがなかった。

 

日にちが合えば、受けてみてもいいかな、、と思った。

 

 

 

JUGEMテーマ:自閉症スペクトラム、発達障碍

 

にほんブログ村 子育てブログへ

 

#発達障がい #自閉症 #病院 #発達外来 #診察まで #発達過程 #パッケージ入院 #脳波 #MRI #発達検査

#行動分析 #ことば #視線 

担当者と連絡がつくまでに相当時間がかかったが、

怒っていても始まらないので、気を取り直して、見学・体験へ。

 

受付の時間ちょうどに到着。

おそらく他の人よりも、早めについたのかな?

見学者らしき人が、1人〜2人。

 

1限目の授業までプレイルームで遊んでよい!とのこと。

ラッキー!!早く来てよかった。

待つだけだったら、退屈したり疲れたりしてしまうけど、

ぴっちゃんが好きそうなプレイルームだったので、すぐに飛びついた!

 

トランポリンはイスに座って順番を待つ。

小さなすべり台は人気がないのか?すべり放題!

マットでかこまれたブースは大きな子もいたので、怖がったが、

時間までたっぷりと楽しめて、約束の時間には、終わることもできた。

 

1限目:朝の会

 これは、療育園と同じイメージ。ただ、当日、お休みが多く クラスの人数が2名。

 ぴっちゃんを入れて3名。

 デイサービスで顔なじみの子もいたが、女の子がいなくて、「おうちかえる」の連発。

 出入り口のドアにへばりついていた。

 

2限目:音楽

 音楽室へ移動して、学年全体での音楽の授業。

 他の見学のかたもいらっしゃったので、女の子が4名くらいはいたかな?

 かわいい子をみつけてとなりに座り、少し機嫌もなおる。

 先生のいう事はあまりきいてない。でも、先生の手にしている小道具は気になり、

 いちいち取りにいく。

 幼稚園だったら、叱られてるだろう。。。でも、支援学校では叱られてない!

 先生も慣れてる。

 

 ダンスでは、知ってる曲だったので、だれよりもノリノリ♪

 

3限目:ことばかず

 事前に、どれくらいの認知なのか?伝えていたので、能力にあいそうなクラスを見学させてもらう。

 この日は本当に休みが多く、こちらも2名。(1限目とメンバーは異なる)

 お陰で一緒にやらせてもらえた。

 また、男の子のクラスだったので、無理かな?と心配してたけど、

 内容が、だいすき!!

 「ひらがな」「すうじ」「手先の運動」どれも得意分野!!

 「絵本」の時はみんなと一緒に並んで座った。

 すごく馴染んでいて、明日から、通っても大丈夫な雰囲気だった。

 

ただ、学力的にはもの足りないかな。公立の幼稚園の方がレベルが高い。

あとは男女比。

男の子が圧倒的に多い!

 

ストレスフリーなところと本人が気に入ったことは魅力的だった。

全体的な印象としては、人の手の必要な子には先生が1人ピッタリと

ついて1日を過ごしているように見えた。

 

 

 

大切な進路だから、

地域の小学校にも もう一度、見学に行ってしっかりと考えたい!

 

 

JUGEMテーマ:自閉症スペクトラム、発達障碍

 

にほんブログ村 子育てブログへ

 

#発達障がい #自閉症 #支援学校 #見学体験 #プレイルーム #音楽 #ことば #かず #絵本 #ダンス #ストレス

#学力 #手先の運動 #男女比 #レベル

支援学校の見学の希望日の案内を幼稚園からもらった。

その内容は、いくつかの日程から希望日を書いてFAX連絡をすること。

 

〆切日から、数日ですぐに連絡がきたと思うが、仕事中で電話にでれなかった。

翌日、折り返しの電話をしたが、担当者(話がわかる人が1人しかいない)が

授業で生徒をみているので、午後3時以降に電話が欲しい、、、とのこと。

そこで、こちらから電話もできずにいたら、学校からの連絡もない!!

 

土日をはさみ、月曜に連絡をいれたら、出張?!で不在。

ここまで、日をまたされると怒りを通り越す!!

 

でも、仕方ないから翌日に、、、、そしたら、代休でやすみだと!!

ふざけてるだろ!

 

そんなに不在なら、日にちくらい決まってるはずだから、

代わりに答えてくれる人をつくってから休んで欲しい(怒)

 

学校の体制に疑問を感じる。

先生が足りないのか?

先生の容量が足りないりないのか?

 

子供を預けてだいじょうぶなのか???

 

 

 

JUGEMテーマ:自閉症スペクトラム、発達障碍

 

 

 

#自閉症 #発達障がい #支援学校 #見学 #体験 #連絡がつかない #先生 #学校の体制

ことばの教室2回目は、夏休みもおわり、幼稚園のあとに行くことに!

 

疲れていて、ダメかな?という心配もあったけど、

暑かったので、帰りに「かき氷」を食べにいくという約束をした。

 

個別療育の成果?かき氷の約束のお陰か?

机に30分以上頑張って座り、取り組むことができた。

 

先生より。。

今、ことばでピッちゃんの課題は2つ。

 

ひとつは、名刺の単語は出ているが、動詞が少ない。

「食べる」「買おう」くらいかな、、。

 

もうひとつは、興味のある課題は、スラスラできるが、

嫌いなものや動物が題材になっていると取り組めなくなるので、

多少の我慢ができるようになるように、、。

 

との事でした。

 

 

先日、病院で脳波、MRIなども含む発達検査のために検査入院をした。

その結果とリンクして取り組んでくださることになるかな?

 

就学のための教育相談は、たくさんの人が

関わって結果が出されると先輩のお母さんから聞いた。

そこの話し合いに「ことばの教室」の先生も入っているのだそうです。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ

 

#発達障害 #自閉症 #ことばの教室 #就学 #個別療育 #かき氷 #単語 #教育相談 #先輩のお母さん

言葉の教室で気になっていた本。

「あっちゃん、あがつく」

2歳から通っていた療育で、よく読んで貰っていた本だったけど、

ずっと好きなら、、と買った。

 

「あっちゃん」のシリーズは『かるた』も出ていてどっちにしようか?

と思っていたけど、本にした。

 

中身をよく覚えていて、気になるページをあけて自分で読んでいる。

うたにして、うたってあげると今まで興味のなかった食べ物に興味を持ち始めた。

 

「つきみそば」「手巻き寿司」

偏食ぎみだったので、いろいろ興味をもってくれて

食べているので助かる。

 

替え歌にしても、とっても喜んでいる。

♪「ぴっちゃん、ぴがつく、ぴっちゃん、かわいい」

♪「よっちゃん、よがつく、ようちえん〜」などなど。。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:オススメの本

JUGEMテーマ:本の紹介かえうたに

 

にほんブログ村 子育てブログへ

#発達障害 #自閉症 #ことばの教室 #絵本 #ひらがな #あっちゃん #つきみそば #偏食 #食べ物に興味 #かえうた

なんとかたどり着いた教室で、何をするのかな?

 

親も子もあまりわかってない。

先日の面談で、「好きなものの写真を用意してください」と、言われていたから、

ぴっちゃん自身にプリントした紙や切り抜きをカードケースにいれさせていた。

 

内容は、ほとんどキャラクター。

プリキュア、キティちゃん、クレラップの女の子。

あとは、今、ハマっている信号。

「アカ とまる、アオ はしる」と言っている

 

最初は、カードを使い先生の質問に答えていく。

 

嫌がらず、イスに座り課題をこなしていけた。

たくさんの質問数だったが、なんだか楽しそう。褒められるのがうれしくて頑張ってる。

 

次に、

先生に書いて欲しいことばを伝えて

紙に字を書いてもらう。

幼稚園の大好きな友達の名前

『◯◯ちゃん』

「ひらがな」「カタカナ」で書いて欲しいなども単語だけではあったが、

希望を伝えられた。

 

途中、パズルや棚の中を気にして立ち上がった。

その中の本を先生が持ってきてくれた。

「あっちゃん、あがつく」の絵本。

2歳から通っていた療育で、よく読んで貰っていた本だ!

やっぱり好きなのね。

「ひらがな」

 

内容を覚えているようで、読んで欲しい文字を自分から、伝えている。

 

なんと!!30分以上は課題に取り組めていた。

 

先生は、ぴっちゃんのことばから、

話せていない言葉がないか?など、

発音のチェックをしていた。

 

結果、心配していた構音障害はないようで、

間違ったことばも、「正しい間違え方」をしていて、発達段階の順番どおりで、他の子に比べたらかなり遅いけれども、きちんと段階を経ているとのことでした。

 

はじめは、指導することなどできないから親だけ、相談でも良いと言われていた。

 

発達検査の結果と、前回の見学の様子をみてそのように判断されたのだろう。

実際、連れて行って良かった!

指導中、「見学の時から成長されましたね。

こんなにできるとは思ってませんでした、 

すみません」と何度も言ってもらえました。

 

「ひらがな」「カタカナ」を読み書きできるようになってきたのは、成長だし、こだわりを上手く使えたら武器になると思う。

全てが、まだまだ  なのかも しれないが、、、

 

そして、次回から、、

「また来ても良いですか?」と。

おそるおそる聞いてみた。

 

先生の答えは、、

来なくてもよいけど、来たいなら

月に1度どうぞ。

期待に応えられないかもしれないから

必要がないと思ったら、来なくて良いと言うことだった。

 

ことばの遅れはあるものの、構音障害ではないから、必要ないということかな。。

 

ぴっちゃんがやる気になっていたし、

専門の先生のアプローチによって吸収できることも増えるかも?と、思うと、来なくて良いと言われても、通わせたい。

 

行っても良いということなので、様子をみてみよう。

 

次回は来月!

 

 

JUGEMテーマ:本の紹介

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ

#発達障害 #自閉症 #ことばの教室 #ひらがな#カタカナ#発音 #ことばの遅れ #構音障害 #幼児 #5歳  #プリキュア #キティ #クレラップ #信号 #幼稚園 #成長 #絵本 #あっちゃん

「 10分くらいしかできないかも知れませんが良いですか?」と、念押しされた

『ことばの教室』



年長さんの1年しか通えない教室でもあるので、ダメもと覚悟で、連れていく。


教室の建物は、前にも来ていたし、

ご褒美のお菓子も持っていってたので、

入り口は、、クリア!


次の関門はエレベーター

とにかく、全ての階の数字を押したがる。


階段で上がっても良かったが、

この建物はいつもガラーンとしていて人の気配がないので、

必要のない階のボタンを押されてもそんなに迷惑にならない。


エレベーターの練習

乗る前に『6階だけよ』と、伝える


奇跡的に成功

(╹◡╹)!


教室では勉強をする

「ひらがな」「カタカナ」できるよ

と、伝えておいた。


教室の部屋にも入れた。

前に来たことを覚えていたようだ!





にほんブログ村 子育てブログへ

#発達障害 #自閉症 #ことばの教室 #ことば #エレベーター #こだわり #数字 #勉強

#ダメもと#年長

5歳になってから、、、

以前に断られた感あったけど、「対象の年齢になったら、問い合わせてください」と

聞いていたので、気になって再度、問い合わせ。

 

見学会に行った時のデータが残っているので、それをもとに、まず、親と先生だけで面談。

受けたばかりの発達検査(PEP3と新版K式)があったのでどちらも準備していったこと。

そして、サポートノートを持って行ってたので、わりと話がスムーズにいったと思う。

 

検査の結果は、どちらもかなり、実際より低い年齢の結果だったので、

「来ていただいても、10分くらいしかできないと思いますが、それでも良いですか?」と、

念を押される。

 

やっぱり、、、落ち着きがないと「ことばの教室」には通えないのか??

 

ことばの遅れ、発音できてない言葉があるから気になっている。構音障害かも??という

不安があると伝えているのに、、、

 

そもそも、行政の機関だから通ってもらわなくても構わない

というスタンスなのではないか?と感じる。

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ

#発達障害 #自閉症 #ことばの教室 #行政 #発達検査 #発音 #ことばの遅れ #構音障害 #幼児 #5歳 

そもそも、「ことばの教室」ってなんだろう?

どんなことをするんだろう?

わからないけど、子供の言葉が遅れていることだけは、ハッキリとわかっているので、

通えるものなら通いたい!!

 

「ことばの教室」は、文部科学省で決められている、学校教育の一環で

言語障害特別支援学級・言語障害通級指導教室のことを指している。

幼児が通えるものは、そこから広がっている早期教育にあたると思う。

 

通える対象は、、ことばの遅れ(吃音、構音障害、言語発達の遅れなど)とあるので、

当てはまっている。

 

実際、市の「ことばの教室」に何度か問い合わせている。

 

はじめは、3歳のとき、3歳から相談ができるとのことだが、「まだ幼いので教室の対象ではない」と言われた。

相談という感じではなく、発語の現状と子供の様子を伝えただけだった。。

 

2度目は、年中になってから。

「ことばの教室」の見学会があると広報で知り、申込み。

 

見学では、子供を連れて行った。

言語聴覚療法士の先生とお話。

そこでは、「年長になってからの1年間、通えますので、年長になってから問い合わせてください」と

いう事だった。

どちらも受け入れ不可!という印象しかなかった。

 

 

見学で見せてもらった部屋は、子供用の机が真ん中にあり、

教材をつかってやりとりをするとのこと。

 

その日のぴっちゃんは、落ち着きなく、部屋の数字が気になる。

電話、カレンダー、ホワイトボードに数字をかいて先生とやりとり。。

 

机に向かって勉強、、、というスタイルは無理かも。。。

 

そして同時に、言葉の遅れがあっても、落ち着きやコミュニケーション能力がないと

ここには通えないのかな??と思う。

 

 

 

JUGEMテーマ:自閉症スペクトラム、発達障碍

 

にほんブログ村 子育てブログへ

#発達障害 #自閉症 #ことばの教室 #ことばの遅れ #文部科学省 #言語障害特別支援学級 #言語障害通級指導教室 #言語聴覚士 #幼児 #5歳 #学校教育 

 

 大脳生理学の権威!

久保田競先生のお言葉のとおり!!

少しずつ変化が、、、


年少までは、音楽は好きだけど
数字にはかなわないし、
歌をうたうよりはダンスで身体を動かしている方が多いように見受けた。

年長になって、友達の名前、自分の名前が言えるように!!

その頃から、歌をドンドン歌いはじめた。
もちろん、ポニョも☺

『ママの、でんわ、かーして』は、
教えて言えるようになっていたけど、
自分で考えた3語文が!!

「まま、テープ、とってきて」


2階に自分で置きっ放した、セロテープを取ってきて、、と。

普通だったら、『自分で行けば、、』だけど、
発語のほうが、ありがたいから
すぐに取りに行ってあげたよ〜。


これからも歌い続けて、国語力を磨かせたい。
目標は会話ができるように。。


にほんブログ村 子育てブログへ

#発達障害 #自閉症 #大脳生理学 #久保田競  #国語力 #うたう #歌 #会話 #3語文 


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM